無-保形物鼻整形

ブラウン美容外科で特別な手術を経験してみてください。

無-保形物鼻整形BRAUN PLASTIC SURGERY

保形物とは、辞書的な意味で形を維持させる物質を指すが、整形手術の領域では、人体の自家組織ではなく、人工的に作られた挿入物を通称する意味として使われています。
鼻手術の際に使われるプロテーゼ、ゴアテックスなどの保形物は、世界的にも長い間広く使われてきており、炎症や組織拒否反応などは様々な方法により数回検証された安全な半永久的な挿入物です。
しかし、様々な理由で保形物使用に対する拒否感があったり、以前の手術で保形物の使用を間違ったことによる副作用を経験した場合、あるいは稀にこのような保形物にアレルギー反応がある場合には人工保形物ではない自家組織を利用してより自然で、より安全な鼻整形を望む場合があり、だんだんその数が増える傾向です。

 

 

自家組織とは、自分の身体組織の一部を言うもので、鼻整形の際、保形物に代替できる自家軟骨(鼻中隔軟骨、耳介軟骨、肋軟骨)、自家真皮および自家脂肪などを言います。
人工保形物でない自家組織を使う一番大きな理由は、安全な材料を利用して、自然で高い鼻先と滑らかな鼻のラインを作ることができるためです。しかし、体内で使用できる自家組織の量が多くなく、いくつかの制約条件のため、一般的な多数の鼻の整形の場合、保形物と自家組織を一緒に使う複合鼻整形術が最も広く行われています。

無 –保形物鼻整形術が効果的な場合

01. 鼻の発達が全般的に良い場合や、鼻筋を多く高める必要がない場合(鷲鼻、矢印鼻、高くて長い鼻、あるいは高くて短い鼻などがあります)
02. 鼻先中心の手術を希望しながら鼻を高くしない場合
03. 保形物に対する拒否感があり、以前の数回にわたった手術で感染や拘縮などの深刻な副作用を経験した場合
04. 保形物に対するアレルギー反応がある場合
05. 鼻の十分な矯正を希望しながら、胸軟骨使用に対する理解と同意がある場合

ブラウン美容外科の 無 –保形物鼻整形のメリット

01. 自家組織の鼻の整形を主張するほとんどの手術では、事実とは違って鼻先だけ軟骨にし、鼻筋には保形物を使用する場合が多いです。それとは違って、ブラウン美容外科の”無”-保形物鼻整形術は保形物を一切使用せず、100%自家組織を利用して、より美しく洗練された自然な鼻の形を作ります。
02. 蓄積されたノウハウを通じて保形物を使わなくても、鼻先だけでなく、鼻筋と鼻のラインを柔らかく自然な形で作ります。
03. 自家組織による鼻整形術で、より安全で自然な鼻を作ることができます。
04. 独自に開発した特殊器具を利用し、より安全に軟骨を採取して手術に使用します。

使用される自家組織の種類

鼻中隔軟骨

鼻整形に使用される自家組織の中で最もよく使われる材料です。鼻の内側の中央に位置する軟骨で、前部の丈夫な支持帯を残し、その後方部分を鼻整形に使用します。鼻先を整えた後、残った部分を柔らかく粉砕し、鼻筋と鼻のラインを作るのに使用します。鼻中隔軟骨はその量が制限的であるため、鼻の中から採取する過程が非常に重要で、安全に十分な量を確保することが重要なノウハウです。

耳介軟骨

耳介軟骨は、鼻中隔軟骨とは違って、まっすぐな形ではなく、様々な方向に曲がっています。
このような解剖学的な特性を生かして、鼻先の構造を作るの使用したり、鼻中隔軟骨の量が足りない場合、追加的に利用します。

肋軟骨鼻整形

胸の軟骨は、鼻中隔軟骨や耳介軟骨に比べて採取できる量が十分で、より高い強度を持つため、深刻な問題がある鼻の整形でも鼻を十分高くしながら永久的に鼻の形をよく維持させることが可能です。 胸の軟骨を利用した鼻の整形は、条件が良くない場合でも、鼻の機能と美しさを最大限生かしつつ、最も安全に手術できるです。

肋軟骨が主に使われる場合

様々な理由で鼻中隔軟骨・耳介軟骨の使用が不可能な場合

鼻中隔軟骨を既に使用したが、鼻の支持構造が崩れた場合

繰り返し行われた炎症及びそれによる拘縮で鼻先が上がった場合

鼻構造の変形がひどくて軟部組織が足りない場合

炎症の発生後、早期に鼻の整形をする場合

鼻整形、なぜブラウンなのか?