両顎手術後の鼻整形

ブラウン美容外科で特別な手術を経験してみてください。

両顎手術後の鼻整形  BRAUN PLASTIC SURGERY

両顎手術は顎の機能障害と顔面非対称のような問題を解決するために施行される顔面骨手術です。

上顎(上顎骨)と下顎(下顎骨)を動かす手術の過程で、鼻の中にある鼻中隔軟骨と、この軟骨がくっついている骨(前鼻棘)の部分が分離され、損傷を受ける場合が発生します。
また、小鼻の基底部位が手術中に分離される過程を経て、弾力を失い、鼻が広がって見える場合もあります。
両顎手術後、鼻と周辺部に及ぼす影響としては、鼻の中の鼻中隔軟骨の起始部損傷による鼻中隔の曲がり、小鼻が広がって鼻が広くなって見える場合、両顎手術で入れ込まれた口元によって顔の立体感がさらに低下する場合が発生することがあります。

 

両顎手術後に施行される鼻の整形は、鼻の柱の役割をする鼻中隔軟骨が非正常な支持構造を形成する可能性があるため、このような問題をきちんと矯正することが重要です。 両顎手術後、鼻の整形を単純に美容的な側面だけで接近してはならず、機能的、美容的な側面全てを考慮しなければなりません。このように両顎手術後、より綿密な接近と改善のための”両顎手術後鼻整形”は両顎手術後、不満足な鼻の形と低い立体感を生かすことに適しているといえます。

 

“両顎手術後鼻整形”は両顎手術前後に原則に反した誤った手術を受けた場合、鼻柱を新たに再建しなければならない専門的な技術が必要な手術方法です。


ブラウンだけの"両顎手術後の鼻整形"の方式

01. 既存の鼻手術の有無、方法によって正確な手術前の計画が必要です。この時3D-CTで鼻の中の軟骨、骨、軟部組織の状態を事前に分析しなければならず、特に鼻中隔軟骨の変形程度を把握することが重要です。
02. 両顎手術によって損傷された鼻中隔軟骨の起始部位および曲がった鼻中隔を最大限矯正する過程を正確に施行し、鼻の曲がりおよび鼻先の下がりを防ぐことになります。
03. 鼻中隔軟骨の骨の 起始部位の損傷の程度や、従来の鼻整形による鼻中隔軟骨の毀損の程度によって、鼻中隔軟骨、寄贈肋軟骨、自家肋軟骨などの材料を適切に利用して鼻柱を形成することになります。
04. 特に、従来の鼻整形が間違っている場合、鼻柱を完全に再建する過程が必要な場合もあります。

ブラウン美容外科だけの"両顎手術後の鼻整形"のメリット

01. 既存の鼻整形の有無に関係なく、両顎手術後、鼻整形をもっと安全かつ正確に改善できる方法です。
02. 鼻柱のスタート点から確りと矯正を行い、手術後に発生し得る鼻中隔の曲がり、それによる美容的・機能的な問題を最小化できます。
03. 鼻の中の状態に対する正確な基礎作業により、美容的な面において最上の結果を出すのに、枠組を定めることができます。
04. 両顎手術後、不満足な鼻の形を改善し、顔の立体感を生かすのに適しています。
05. のっぺりとした顔面部中央にある鼻を高くて自然なラインに矯正したら、細長い卵形の顔に見えるのに効果的です。

鼻整形、なぜブラウンなのか?