安全な麻酔のための正確な検査

糖尿病、高血圧、不整脈、結核、一般血液検査、一般化学検査など各種の成人病を含 む専門検査、心電図、胸部X線など手術前の検査と、各種ウイルス検査などを正確か つ広範囲に行い、手術を決定しています。

手術前の面談を通じて患者様の状態を評価した後に麻 酔剤を選択

人の顔はみな少しずつ違うように、患者様の状態も少しずつ差があります。患者様の状態を評価し、それに適した睡眠麻酔剤や全身麻酔剤を選択して安全に手 術を受けることができます。

手術中は1人責任担当麻酔を施行

手術前準備室から手術中だけでなく手術後の回復室に移動するまで、麻酔痛症医学 科の専門医が担当して患者様の状態を続けて評価し、患者様の安全に責任を持ちます。

手術後の麻酔痛症医学科の専門医がラウンド(回診)

手術後は麻酔痛症状医学科の専門医がラウンドにより患者さんの状態をチェックし、小さな不便な点も取り除くために最善を尽くしています。

持続型の麻酔薬投入機

持続型の麻酔薬投入機で、睡眠麻酔と全身麻酔を行う際、正確に薬物を投入して安全な麻酔が行われます。

呼気二酸化炭素測定システムと監視モニター : 呼吸器で麻酔の状態を測定する機器

一般的なモニターには含まれていない呼気二酸化炭素測定システムは、呼吸の状態 や生理的な変化を正確に感知して、患者様の様々な状況に対処できるようにする装 置で、患者様の状態をより一層正確にモニターできる装置です。また、ブラウン整形外科では、麻酔痛症医学科の専門医が監視モニターを使って、麻酔の最中もリアルタイムで患者様の生理状態をモニタリングしているため、麻酔中 も安心して手術を受けることができます。

圧力感知麻酔器 : 手術中、臓器に加わる圧力状態を測定する麻酔機器

手術中、様々な原因で呼吸の際に肺に加わる圧力が変化することがあります。これを迅速に検知して、どのような状況でもすぐに対応できるようにする圧力感知装 置です。

内蔵型の酸素、窒素ガス供給装置

全身麻酔による手術中に、安全に呼吸ができるように助け、手術後に回復室、病室に酸素供給装置を配置して、快適かつ安全に麻酔からの回復を助けます。