アップノーズ/短い鼻

ブラウン美容外科で特別な手術を経験してみてください。

アップノーズ/短い鼻 BRAUN PLASTIC SURGERY

鼻筋と唇が成す角度の正常範囲は90~110度です。 アップノーズは,鼻が短くて鼻の穴が見えるようになり,鼻筋と唇の角度が110度以上の場合を指します。 ほとんどは鼻が小さく短いため,鼻中隔軟骨の大きさと量が少ないため,安全な範囲内で十分な量の鼻十隔軟骨をもらう熟練されたノウハウが必要です。

手術方法

短くてアップノーズを皮膚と軟部組織を充分に剥離した後,再配置(redrapping)し,長くて高く伸ばす難易度の高い手術です。
軟骨部分と肌を豊かに伸ばすことができない場合,十分な矯正が行われず,無理に皮膚を増やすことになります。
軟骨を再配置した後に維持させるために,鼻中隔軟骨または胸の軟骨を利用した鼻中隔の延長術を行うことになります。

ブラウン美容外科によるアップノーズ美容の長所

01. 肌および軟骨を十分に伸ばし,再発なく確実な効果が得られます。
02. 特殊考案された器具を使用し,鼻中隔軟骨を安全かつ十分に採取することができます。
03. 自己組織を使用することを原則とします。
04. 患者の様々な状態によって、鼻中隔軟骨または胸の軟骨を使用し,すべての過程を危険な全身麻酔なしで睡眠麻酔し,施行します

3D-CT 分析を通じた安全で正確な手術

3D-CT立体精密分析

顔の骨と鼻を同時に分析できる大学病院級の3D-CT撮影を通じて顔の骨と鼻の形、鼻中隔軟骨、顔面神経などを立体的に分析します。

安全で正確な手術計画

顔面輪郭と鼻に対する3次元の映像分析と3Dシミュレーションプログラムを通じて手術後の結果を予測して適切な手術方法及び手術範囲などに関する精密な手術計画を立てます。

3D-CTを通じた安全で精密な再手術

既存の輪郭や鼻の手術を先に受けた場合、3D-CT分析を通じて現在の手術状態を分析し、より安全で正確な再手術を行います。

LIVEモニタリングを通じた手術進行

手術室でも専用モニターを通じて3D-CT映像をLIVEでチェックしながら手術前の計画による正確な手術が行います。

鼻整形、なぜブラウンなのか?