目の下しわの埋没法

目の下しわとは?

目の下しわは目に現れる最初の老化現象です。大体20代半ばから現れ始め、人によって目の下筋肉の動きや皮膚の厚さ、弾力の程度により形や程度の違いがあります。

目の下筋肉は縮まったりゆるんだりし続け皮膚にも影響を及び、しわになったり延びたりすることが繰り返します。

20代後半までは皮膚自体の復元力と弾力が良いので、普段しわが残りませんが、20代半ば以降からは普段にもしわが残ります。

目の下筋肉の動きが多く、皮膚が薄くて弾力度が落ちている場合更にしわ組になります。

また、時間が経ちますと目の下筋肉と皮膚の弾力が落ちつつ永久に深いしわになり、突出している脂肪と共にふっくらとした目の下を作ります。

目の下しわの埋没法とは?

目の下筋肉と皮膚の繰り返される運動と落ちていく弾力度が原因である目の下しわを改善するためには目の外側部分の小さい切開を通して目の下の筋肉と皮膚を分離させます。

それから再配置して弾力度を高めるため引き上げ目の外側の骨膜に埋没法を通して固定させます。

ブラウン美容外科の目の下しわの埋没法の特徴

01. 目の下しわやたるみが生じる根本的な原因を解決する手術です。
02. 下眼瞼整形術の単純な切除より、弾力を回復させる概念の手術であるため元々の目つきが変わらなくてとても自然です。
03. 小さい切開を通しての手術であるため、傷跡の心配がありません。
04. 手術時間が20分程で短く、回復が早いです。
05. 睡眠麻酔で手術が行われるため痛みを感じられません。
06. 涙袋が更に目立つようにボリュウーム感ができます。
07.下眼瞼手術の副作用で、目の下の下瞼が裏返ったり、のっぺりとした目の下になったりします。また眼球乾燥症、目の下筋肉の動き障害などができやすいですが、目の下しわの埋没法は下眼瞼手術の副作用がない安全な手術です。

他の手術と並行

目の下の脂肪がふっくらとしたり、クマも伴っている場合、目の下しわの埋没法と同時に目の下脂肪除去または脂肪再配置を通してクマの手術も行います。
目の下しわだけではなく、ふっくらと出ている脂肪とクマを効果的に改善させるため、手術の効果をより高めることが可能です。

前後写真

目整形、なぜブラウンなのか?