下眼瞼の整形

下眼瞼の複合術 BRAUN PLASTIC SURGERY

年を取るにつれ目の下の脂肪を包めている脂肪袋(眼窩隔膜)が弱くなり、この脂肪袋が突出して皮膚と筋肉が垂れます。このような目の下の皮膚の垂れや筋肉の弱化程度が酷くない場合は目の下しわの埋没法やクマの手術を行うと良い結果を得られます。
しかし、目の下の皮膚の垂れすぎたり、目の下しわが前の方まで濃い場合は下眼瞼の複合術を通して下瞼の皮膚を除去し、より矯正力を高めます。

手術方法

01. 垂れている下眼瞼の一部を切除して矯正できます。
02. 目の下の脂肪突出やゴルゴ線を伴っている場合、目の下の脂肪再配置を通して目の下を滑らかにします。
03. 下眼瞼の筋肉を引き上げ骨膜に固定し、目の下のしわを改善します。
04. 目の下の筋肉を3重で再配置して涙袋を作ります。

下眼瞼の複合術のメリット

01. 一回の手術で4種類の手術効果を得られます。
(垂れている皮膚除去、クマの矯正、目の下しわ除去、涙袋の作り)
02. 微細顕微鏡を通して目の下の神経を保存するため、目が裏返ったりする副作用がありません。
03. 手術時間が40分程で短く、回復が早いです。
04. 睡眠麻酔で手術が行われるため痛みを感じられません。
05. 一般の下眼瞼手術のデメリットである目の下の傷跡、 目の下の裏返り、のっぺりとした目の下、眼球乾燥症などの合併症がありません。
 

目整形、なぜブラウンなのか?