非切開神経遮断術

ブラウン美容外科で特別な手術を経験してみてください。

非切開神経遮断術 BRAUN PLASTIC SURGERY

ふくらはぎの力こぶ部位の非腹筋神経を、微細針を挿入した後、高周波エネルギーを利用して選択的に遮断する方法です。非切開神経遮断術は、ふくらはぎの力こぶを作る筋肉のみに選択的に適用されるため周囲の組織損傷を最小化した方法で、手術後の痛みと腫れが少なく、日常生活への復帰が容易です。

非切開神経遮断術の特徴

01. 手術に負担を感じる時、非切開で安全に手術が可能です。
02. 1回の施術で半永久的な効果があります。
03. 特定筋肉だけを遮断するため、不必要な周囲組織の損傷を最小化します。
04. ふくらはぎの内側と外側のラインのバランスを合わせます。

非切開神経遮断術が適合する場合

01. ふくらはぎが太すぎる場合
02. ふくらはぎの筋肉が非対称だったり、見た目がよくない場合
03. ふくらはぎの筋肉の形がはっきりと出る場合

ボディー整形、なぜブラウンなのか?