過去には麻酔と医師の不足と麻酔装備、施設の不足で麻酔中覚醒が起きることもありますが現在は麻酔剤と麻酔装備の発達でそのような遠慮はしなくても大丈夫です。特にブラウン美容外科では熟練した麻酔科専門医がいらっしゃいますので麻酔ができなくて手術中痛みを感じたり起きる場合はほぼないです。

過去には麻酔と医師の不足と麻酔装備、施設の不足で麻酔中麻酔が取れて手術中痛みを感じることもありましたが、現在は麻酔剤と麻酔装備の発達で層のような心配はしなくても大丈夫です。 特にブラウン美容外科では熟練した麻酔専門医がいらっしゃいますので麻酔ができなくて手術中痛みを感じたり起きる場合はほぼないです。

ブラウン美容外科では皆様の手術後の痛みをなくすため自己痛み調節装置(PCA:Patient Controlled Analgesia)を使っています。自己痛み調節装置とは言葉通り患者様自分によってが入れる装置です。一定量の鎮痛剤が持続的に入りながら、患者様んじょ痛みの強度によってボタンを押して追加に鎮痛剤が入ることができる想定です。持ち歩くにも便利ですしゼア―装置が内蔵されていて間違って多くの量が入る心配はしなくても大丈夫です。または痛みがあるたびに鎮痛剤を打つより痛みの調節能力が優秀です。

みなさまがよく気になられる質問の中で一つです。睡眠麻酔を必要とする目・鼻の手術及び脂肪整形を含めた一派的な手術と全身麻酔を必要とする顔面輪郭・胸の手術などは経験が多い整形外科専門医と麻酔科専門医がいつもいらっしゃるブラウン美容外科では安全な手術です。しかし、皆様の体の弱みや心臓、肺関連疾患や高血圧、糖尿などの合併症がある場合は起伏が遅いこともあります。ブラウン美容外科では徹底な病歴チェックと面談及び事前検査を通じてこんな可能性をなくすように努力しています。

全身麻酔をたくさんしたとして頭が悪くなったり記憶力が以前より落ちたりまたはアルツハイマー病が早く進めるという臨床や学会発表ないです。麻酔に使われる薬物は一定時間が過ぎた体内で大使されてほとんど体外で排出されるので大きい問題になることはありません。

一般的に睡眠麻酔または全身麻酔の手術が終わってから多くの方たちが乾かれます。皆様は水を飲める時期は意識が完全に戻って体の生理現象が正常的に戻った時に考えたら大丈夫です。一般的に睡眠麻酔の場合は1時間以内、全身麻酔の場合は4~6時間程度に考えたらよいです。最初は水を飲んで大丈夫でしたら重湯のような流動食、その次に食事をしても大丈夫です。

手術後に一番聞く質問の中で一つです。これは手術前に緊張などで睡眠が足りなくてできる可能性もありますし、または睡眠麻酔剤または全身麻酔のガスの残留などでできます。特に全身麻酔をする間自発的に行われた下痢排出がきちんとならなくて手術後に肺活量が減少して肺に下痢が残るようになります。これを予防するためには手術後に深呼吸とくしゃみ運動を頑張ってすべきです。肺の中に分泌物が効果的で排出ができない場合体に熱が出る可能性があります。ですので手術後4~6時間程度は睡眠をとらなくてくしゃみ、下痢を排出する練習をすべきです。

全身麻酔の場合麻酔のショップ間によって麻酔イ回復の後首が少し痛くなる可能性があります。ブラウン美容外科では熟練した麻酔か専門医がいらっしゃって首の痛みを収める薬を使用しているため外のところと比較して痛みが少ないです。

人によって個人的な差があることがありますが主に若い女性や普段具合が悪くなる方たちによく現れます。ブラウン美容外科では手術前後でこれを抑える薬を使って手術前に予め言ってくれたらさらに気を付けて面倒見ます。

一般的に人は鼻から30%、口で70%程度息を飲んで吐き出します。 顔面輪郭手術や胸の手術の場合,腫れや治療のために巻いた包帯の圧迫で,普段より息が苦しくなります。 そのような時には口を開けて息を深く吸い込むのが役に立ちます。 鼻の手術の場合、鼻の腫れと鼻の中の治療のため、挿入したシートのために3~5日間は息をするのが少し窮屈する可能性があります。 また,口を開けて息をするので口の中が乾燥し,喉の渇きを感じていますので,普段より加湿をたくさんしてくれるか,水分攝取をよくしてくれるのが役に立ちます。

全身麻酔の場合、手術が終わって3-4時間が経つにつれ体が痺れるというお話をたまに言われます。 これは手術する間や手術後にも緊張などで同じ姿勢を取ることで生じる現象なので,手術後に頻繁に姿勢を変えたり運動をするとなくなります。

全身麻酔をしている間,自発的に行われていた下痢が排出されず,手術後に肺活量が減少して下痢が肺に残っているようになります。 これを予防するためには,手術後に深呼吸とくしゃみ運動に頑張ってください。 肺内の分泌物が効果的に排出されないため,熱が出てひどい場合には肺炎で進行する可能性があります。 手術後3日以内にでる熱はほとんどが肺が原因でございます。 そのため,手術後には必ず私たちに手伝ってもらって 痰が出る練習をすることが大事す。

手術後の回復程度は腫れと多くの関連があります。 手術後の腫れが早く治るほど,回復が早く,日常生活への復帰も早くなります。軽い散歩や家事をしながら少しずつ動くのが腫れひくのに大きく役に立ちます。 頭を心臓より高くするのも一つの方法です。 手術後3日間アイスパック、その後は温湿布も頑張ってします。 ブラウン美容外科では手術後のDT中、むくみを減らす薬も一緒に使っています。