アイスパック管理

アイスパックの効果

1. 手術部位の血管を収縮させて手術した後、追加な内出血を防いでくれます 。
2.  低温効果に熱感を減少させ、炎症を予防します 。
3. 他の部位に腫れが広がるのを防いで、初期に腫れを減少させるのに効果的です 。
4.  局所麻酔の效果に痛みを緩和させ、緊張した筋肉を解いてくれます 。

アイスパックする時期

手術後2~3日までアイスパックをするのがいいです 。
手術後4~5日からは温湿布をするのがいいです 。

アイスパック方法

1. 凍らせておいたアイスパッククを少し溶かした後、手で凍っている部位を柔らかく溶かして使用します 。
2. 手術部位に直接触れないようにタオルなどで覆った後手術部位及び周辺部に軽く乗せます。
3. 座ったり枕を高めて頭が心臓より高くすることがはれをひくのに役に立ちます。
4.  一度に10~20分程度施行後40分~1時間ほど休んでまたこれを繰り返します 。

注意事項

1. 銅像の危険があるのでアイスペックを直接肌に触れないようにします 。
2. 水気が傷跡の部分に入らないようにします。
3. 20分以上同じ部位にアイスパックをしないように気を付けます
4.  腦卒中や神経の損傷から感覚が落ちる人は時間をよく守らなければなりません 。

温湿布管理

温湿布効果

1.小さい血管を拡張させ血液循環がよくなるようにして手術部位に影響部位に影響供給を増やして回復を早くします。
2. 痣や腫れが早く引くのに効果的です。

温湿布の方法

暖かくなった温湿布を手術部位に直接当たらないようにタオルなどで巻いて手術部位の周辺部に軽く乗せます。
温湿布をする際座ったり枕を高くして頭が心臓より高くすることが腫れを引くのに役に立ちます。
一回10~20分程度して40分~1時間程度休んでまたこれを繰り返します。

注意事項

1. 凍らせておいたアイスパッククを少し溶かした後、手で凍っている部位を柔らかく溶かして使用します 。
2. 手術部位に直接触れないようにタオルなどで覆った後手術部位及び周辺部に軽く乗せます。
3. 座ったり枕を高めて頭が心臓より高くすることがはれをひくのに役に立ちます。
4.  一度に10~20分程度施行後40分~1時間ほど休んでまたこれを繰り返します 。