アキュリフティングとは?

アキュスカルプレーザー脂肪吸引術は、脂肪の分解に最適な1444nm波長のアキュスカルプという新型のレーザーによる脂肪融解 術をいいます。 溶かした脂肪は吸引することができる程度に、脂肪溶解効果が優れています。アメリカのFDAとヨーロッパのCEを通過し、アメリカと韓国で臨床を同時に進行して、優れた施術結果を得ています。また、従来の1064nm、1320nmのレーザーと高周波、超音波等の機器と差別化された評価を受けています。頬肉、頬骨肉、広大歳、あごの肉(あごのライン)、二重あごのように、肉厚な顔、または垂れ下がった場合、より安全で確実に顔の輪郭 を整え、弾力のある肌を作るフェイシャルリフティング手術法として活用されており、「フェイスアキュリフト」施術とも呼ばれています。

アキュスカルプ1444nm波長とは?

アキュスカルプ脂肪吸引の特徴

1

全身麻酔と切開を 行わないため、安全性が高い。

2

施術時間が約20分と 短く、早い回復

3

周囲の組織の損傷が 殆どなく、精巧な 施術が可能

4

施術直後は、針の 跡だけ残るため、切開の傷跡に対する 負担が非常に少ない

5

施術後、皮膚の 真皮層に刺激を 与えてコラーゲンの 生成を助け、タイトニング効果を 得られます。

主な施術部位

アキュスカルプ脂肪吸引 vs 一般的な脂肪吸引