なぜ男性はブラウンを選択するのか?

女性整形とは完全に異なる男性整形
「スリムで自然な男性が願うブラウンの男性エラ」

男性のエラ手術とは?

正面から見るとあご先が丸く幅広い場合、また横から見ると耳下の下顎角が大きかったり外側に広がっている場合に、エラの張った 顔といいます。四角い顔は、筋肉や骨などの顎の発達が原因であり、顎骨が発達した場合は手術によって改善することができます。男性の場合、女性より骨が厚く、皮膚、血管、軟部組織が異なるため、男性に合った手術計画を立てる必要があります。 ブラウン整形外科では、個人個人のあごを分析して骨の大きさと厚さを一緒に減らし、より効果的に四角顎を改善します。

ブラウンの男性エラのコア・コンピタンス

1. 世界的に認められた整形外科学術誌に論文掲載

ブラウン医療スタッフが直接開発、論文掲載
ブラウン美容外科顔面輪郭手術の 先進技術力 [逆V字骨切り術]

2014年整形外科最高権威の学術誌
Plastic and Reconstructive Surgery Global Open 逆V字骨切り術

2. 3年連続大韓整形外科学会 国際学術大会発表

研究する整形外科、ブラウン美容外科

<2013年大韓整形外科 国際学術大会学会発表 >
第16回大韓頭蓋顔面整形外科学会 学術大会
逆V字骨切り術によるVライン形成

<2014年大韓美容整形外科 国際学術大会学会発表>
第32回大韓美容整形外科学会
第12回大韓整形外科医師会 国際学術大会
Vラインエラ骨切り術–逆V字骨切り術とT字骨切り術の 比較分析

<2015年大韓美容整形外科 国際学術大会学会発表>
第73回大韓整形外科学会学術大会 学術大会
第18回大韓頭蓋顔面整形外科学会 学術大会
逆V字骨切り術と顎先逆V字骨切り術によるオトガイ(あご先)再手術

3. 顔面輪郭分野の商標出願

特許庁のサービス標取得

キム・テギュ院長が自ら開発したㅅ字骨切り術

4. 代表院長が直接手術する信頼できる整形外科

ブラウン美容外科で行われている
顔面輪郭手術はすべてキム・テギュ
代表院長が直接執刀します。

ブラウンで顔面輪郭手術を受けられるお 客さまは全員、キム・テギュ院長が最初から最後まで 直接手術を執刀します。手術前のカウンセリングから手術後の経過観察まで、全過程をキム・テギュ院長に直接ご相談いただけます。キム・テギュ院長は、逆V字骨切り術、顎先逆V字骨切り術、30分頬骨固定術、口元エラ骨削り、顔面輪郭鼻整形など、ブラウンの顔面輪郭のすべての代表的な手術を 直接考案し、着実に研究と学術活動を続けて、韓国の顔面輪郭分野の整形技術力をリードします。

ブラウンの男性エラ手術の効果

正面から見ると、あごの部分が角ばって幅広い場合、ほとんど顎骨と一緒に筋肉が発達しています。このような形のエラを改善する ためには、あごの骨の切除と一緒に筋肉の矯正を同時に行う必要があります。 また、男性の場合、あごの骨が大きく、骨自体が厚い 場合が多いため、骨の大きさと厚さを一緒に縮小することにより、より効果的にエラを改善できます。どんな角度から見てもスリムなラインを作るために、あごの骨と筋肉の同時矯正が必ず!必要です。

理想的な男性のあご

全体の顔の割合と調和がとれた顔面輪郭 男性のスリムなラインを誇るブラウンの男性エラ手術

1:1:0.8の黄金比を考慮

1:1:0.8の黄金比を考慮

横のラインはほっそりと

正面はやわらかく

エラ手術の種類

手術法に伴う男性のエラ

ブラウンの男性エラ手術の特徴

男性の顎骨の構造を解剖学的、審美的に理解して、完璧で安全な男性Vライン

1. 側面から見ると洗練して シャープな顎のライン

2. 効果的な皮質骨切除に より、正面からもなめらか なVライン

3. 目-鼻-頬骨など顔全体の バランスを考慮して、満足度の高い四角顎手術

4. 人為的でなく自然で 確実な効果

5. 男性らしくありながらも 幼く見える感じ!

6. 再手術の心配なく、一度になめらかなVライン

前後写真

Vラインエラ骨切り術, リフティング3D頬骨回転術, 3DCT鼻整形(鼻の再手術), デュアル目下脂肪再配置

口元エラ手術, リフティング3D頬骨回転術, 3DCT鼻整形

口元エラ手術, 3DCT鼻整形, デュアル目下脂肪再配置

手術情報

手術時間

40分~1時間

麻酔方法

40分~1時間

入院治療

1日入院

抜糸

1週間~2週間後

日常生活

5日